レディー

香りで人を癒すアロマセラピスト|人気が高まっている資格の一つ

共に育つ仕事です

男女

保育士を目指すには、試験への挑戦の前に専門課程を経ている事が求められています。短大や専門学校でこうした過程を受けることが出来ます。近年は保育士への需要の増加から、社会人入学枠に力を入れている学校も増加しています。

香りの専門家

オイルを持つ人

香りの効果を総合化

セラピストは医療や介護でのケアに従事できるため、国家資格としても種類は増加傾向です。中でも、生活の中にも取り入れられる機会も増えている、アロマの知識を資格にできるアロマテラピーも人気を集めています。アロマは正しい知識を持つことが重要視されており、精油の基礎知識や歴史もセラピストは学びます。さらに肉体疲労・ストレス・自律神経などの症状から起こる未病の知識までも学べるスクールも展開されています。その他、ベビー向けのアロマを使ったマッサージを習得できるカリキュラムなど、総合的に学びたい人にとって専門学校は得策です。特に学ぶ利点として、化粧水や石鹸などを作るメディカルコスメなど、癒しのサロンや医療機関で活躍できるW資格として取得されている傾向にあります。

専門家の違い

アロマと聞くと、横文字の精油や香りをイメージする人も多く、資格として受講する人には若い女性が圧倒的に多く、セラピストとしても若手が活躍しています。ですが、日本古来からの香りでも効能の高いアロマは沢山あり、和漢をイメージした日本特有の植物や香りを習得できるのもセラピストならではです。アロマセラピストとして資格を有することにより、美容や健康など多彩な分野で活躍が期待できます。子育てが一段落した主婦や、余間のある年配の方にも和のアロマについて基礎から学習することで、履歴書にも書ける強みにもなり、工夫次第で生活に深く取り入れることも可能です。セラピストになるにも認定資格が必須ですが、注意したいのは資格の種類です。医療や福祉、サロンなどで活用させられるのがセラピストとなる専門家です。中には、アドバイザーやスペシャリストなる種類のアロマ資格も展開されているため、内容を確認することが大切です。

保育所で働くためには

女性と子供

待機児童問題が取り上げられているように、保育所や保育士のニーズは高まっています。保育士は保育所などの福祉施設で働く資格が必要な職業です。短期大学、4年生大学、専門学校、通信講座などで保育士資格が取得できます。

話す聴く飲み込むを助ける

メンズ

言語聴覚士は言語や聴力に障害がある人にリハビリを行い回復に導く仕事である。さらに飲み込むことや食事に障害がある人の援助や機能回復も行う。この仕事は国家資格が必要である。養成課程のある大学や短大、専門学校で学ぶことで国家試験に受験できる。3年で課程が終了でき設備が充実している専門学校の人気が高い。