話す聴く飲み込むを助ける|香りで人を癒すアロマセラピスト|人気が高まっている資格の一つ
婦人

香りで人を癒すアロマセラピスト|人気が高まっている資格の一つ

話す聴く飲み込むを助ける

メンズ

口と耳の障害を改善する

言語聴覚士は、病気やケガ等による障害で話すことや聴くことが困難となった人のためにリハビリを行い、言語および聴力の能力を回復へと導く仕事です。また、口を動かす動作を見守ることから、飲み込むことや食事がしづらい患者さんへの機能回復や援助を行っています。病院や医療施設では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がリハビリを担当しています。これらはそれぞれ役割が違い、理学療法士は座ることや歩くといった基本的な身体機能の回復を担当し、作業療法士はそれよりさらに細かい作業を行うための援助と回復、そして言語聴覚士は口や耳周辺の機能の援助と回復を働きかけるという特徴があるのです。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のいずれも、国家資格が必要です。中でも言語聴覚士は比較的新しいため、まだその数は少ないとされています。しかし、高齢化社会の進行から需要は今後大きく伸びるとみられています。

どこで学ぶか

高齢化社会であり、また福祉について大きく見直されてきたことから、医療機関において言語聴覚士の重要性は高く評価されています。こうしたことから、この職業を目指す人が年々増加傾向です。言語聴覚士になるには、養成課程がある大学や短大、医療系専門学校で学ぶことが必須です。これらの学校で養成課程を修了することにより、国家試験の受験資格が得られるのです。ちなみに、大学は4年間、短大や専門学校は3年間で課程を修了することができます。大学か短大、専門学校のどれを選択するのか悩んだ場合、できるだけ早くこの仕事につきたいと考えるなら、短大や専門学校がおすすめです。中でも医療系専門学校は全国に多数あり、しかも施設や設備が充実しているところが多いことから高い人気となっています。