保育所で働くためには|香りで人を癒すアロマセラピスト|人気が高まっている資格の一つ
婦人

香りで人を癒すアロマセラピスト|人気が高まっている資格の一つ

保育所で働くためには

女性と子供

保育に関わる仕事

結婚して子供が生まれた後も、社会に出て働く女性は増えています。それに伴って、近年ニュースでも取り上げられている待機児童の問題は、深刻な問題です。保育園に入りたいのに入ることのできない待機児童は、2016年現在都市部を中心に20,000人以上いると言われています。そして保育士は、今後ますます必要となるのです。保育士とは、保育所や児童福祉施設で子供のお世話をする職業です。 一昔前は保育士は女性というイメージが強くありましたが、2000年より保母さんと言う名前はなくなり、保育士に統一されました。防犯の面からまた体力的なことも含めて、男性保育士の需要もあります。保育士と幼稚園教諭は、子供のお世話をすると言う面では同じように思いますが違う資格です。児童福祉法に基づいて保育をするのが保育士です。家庭に代わって子供を保育すると言う福祉に関わる仕事です。幼稚園教諭は学校教育法に基づいて子供の世話をします。福祉の仕事ではなく、学校の先生という位置づけです。

保育資格の取得できる学校

保育所で働くためにはその資格が必要となります。保育科のある学校に入って資格を取るのが一般的です。受験資格を満たしていれば、通信講座などでも資格取得ができます。保育科のある学校には、短期大学、4年生大学、専門学校があります。実際保育所で働いている人の多くは、短期大学を卒業しています。短期大学では、幼稚園教諭の資格も取れる学校もあります。実習先も保育園だけでなく幼稚園もあり、学校のカリキュラムによって違いがあります。保育士になりたい人は保育園に行くことが望ましいでしょう。4年生大学の特徴は、幅広く学べることです。そのため保育士にかかわらず、幼稚園教諭や小学校教員になるための資格が取れることが多いです。将来の道を広げたい人は大学へ行くといいでしょう。